福祉のまちづくり

■本マニュアルの発表にあたって  
■設計者のみなさまへ
■はじめに
■CAD-DATA
  • 本マニュアルの発表にあたって
     このたび本会から「福祉のまちづくり建築ディテールマニュアル」を発表する運びになりました。本マニュアルは、平成6年度・7年度の2年度にわたり本会で「福祉マニュアルディテール研究委員会」を運営し、その成果としてまとめたものです。
     本会では、福祉のまちづくり関連として、大阪府から「大阪府福祉のまちづくり条例」制定にかかわる「福祉のまちづくり条例設計マニュアル作成業務」・「府有建築物福祉整備改善計画策定調査業務」等受託業務を執行し、また大阪府・大阪市から 「 大阪・心ふれあうまちづくり賞運営業務」を受託して、福祉のまちづくりに深くかかわってきました。
     今回、福祉のまちづくりに携われる設計者の方々の設計業務推進に役立てるため、「大阪府福祉のまちづくり条例設計マニュアル」に記載されていないものの中で、特に寸法・材料・機器等企業名にかかわりあるものについて、関係者に提供出来るものを選び、登載することといたしました。
     本マニュアルは、2年間の「研究委員会」の成果で、まだまだ満足のいくまでに至っていませんが、大阪府の方で「条例設計マニュアル」を改訂される機会に、本マニュアルを発表させていただくことといたしました。
     今回の成果に携わられた「研究委員会」の方々に深く敬意を表し、本マニュアルが有意義に関係者に役立つことを願いまして、発表の言葉といたします。

  • 設計者のみなさまへ
      福祉のまちづくりとは、だれでもが人間として尊重され、健康で文化的な生活ができるまちをつくることです。近年の、巨大で高度化された都市社会の中では、ともすると、能力のすぐれた人を基準においた設計原理が支配し、高齢者やこどもたちなど心身に障害のある人たちのことは忘れがちとなります。
      能力のある人なら難なく便利に使えるものであっても、能力が低下したり、未発達な人たちにとっては、それがバリア(障壁)となって、建物全体が使えなかったり、このバリアが集積する都市には住めなくなったりもします。人間は本来、みな平等であり、だれでもが、どこにでも、自由に住む権利があります。からだの一部分の能力が低下したり、未発達だからといって、全人格が否定されてはなりません。
      近年は、この福祉のまちづくりの理念が理解され、多くの人たちの努力によって、これが推進されるようになりました。
      たいへん喜ばしいことで、大阪府においても「福祉のまちづくり条例」を制定し、どのような施設・設備が、だれでもが使いやすいかの基準を示しています。
      この基準によりますと、これまでの能力のある人たちが使っていたものと大きく変わっています。たとえば、便所についてみますと、これまでは狭くて薄暗いのが普通でしたが、車いす使用者用の便所では、広くて明るいし、立ち居が楽な腰掛け式便器に、立ち上がるときに使う支持棒や手すりもつけられています。なかには、おしめを取り替えるベッドがあったり、汚れた部分を洗い流せるシャワーまでついています。いろいろと配慮され、赤ちゃんからお年寄りまでのだれでもが使えそうです。
      しかし、まだまだ改善の余地があります。実際の計画や設計をする場合には、さらに検討を加えて、もっとよいものをつくってもらいたいと思います。よろしく、お願いします。
    平成8年8月
    福祉マニュアルディテール研究委員会顧問
                        荒木 兵一郎

  • はじめに
      現在の都市・建築空間には、日常生活における行為と動作に一定のハンディを負っている高齢者・障害者等が空間のハード面の状態で、段差や狭さが障壁となり、利用を享受できていないことが多くあります。
      人々の理解と手助けで解決されることが大切でもありますが、物理的な面で、その障壁がとり除かれて、高齢者・障害者等が安心して気がねなく外出し、種々の建物を利用できる条件を整えていく必要性が高まっています。
      高齢者、障害者だけでなく、全ての人々が暮らしやすい社"会づくりが、物理的・意識的な障壁を除いていく「バリヤーフリー」の実践と、ノーマライゼーションの理解で実現に向かっています。
      大阪府の条例をはじめ、現在、各地でも福祉のまちづくり条例として、また、国のいわゆるハートビル法としてとりあげられ、実践にうつされつつあります。
      そのようななかで直接、建築空間の設計に携わる建築設計者の役割は重くなっています。ここでは条例等に示される技術基準、またそれに関連する設計資料など、目にするものも多くなっているわけですが、設計上の参考となるディテールや材料の選択に直接に関係する資料の編さんを試みました。
      個々のディテール、材料の選択(本マニュアル記載のディテール部品等において、寸法等でより実際的な意味あいから、一部の企業の部品・記号を記入している個所がありますが、参考として活用。)に利用されるほか、意図をくみとっていただき、より高いレベルでバリヤーフリーが設計の場で実践されることを期待しております。

    福祉マニュアルディテール研究委員会
下記のデータはフリーソフトウェアJW-CADによって作成されています。
データを見る場合はJW-CADが必要です。  

データのダウンロードのやり方や、JW-CADに関する質問はお答えしかねますのでご了承ください

福祉のマニュアルPDF版はこちらです

No.

内容

ファイルサイズ

1

本マニュアルの発表にあたって

6,621

2

表紙:福祉のまちづくり 7,241

3

設計者のみなさまへ 5,004

4

はじめに

6,807

5

目次

5,155

6

概要編

5,008

7

建築ディテールの構成

7,501

8

建築ディテールの構成2

6,534

9

概要編

14,663

10

2.ヒューマンアクセス編

5,385

11

道路から敷地、通路

11,522

12

ゲート・側溝の設計

15,705

13

歩行者専用通路の設計

7,868

14

Pスロープの設計1 (高低差10p以上)

86,254

15

スロープの設計2 (高低差10p以下)

18,413

16

スロープ・手すり

11,046

17

誘導ブロックの設計1

15,364

18

誘導ブロックの設計2 敷設基準

21,651

19

誘導ブロックのメーカーと仕様

7,602

20

ポーチの設計

11,097

21

基本的な考え方

11,089

22

玄関庇の設計

36,416

23

(例 : ステンレスサッシ内蔵型) 出入口の設計(2)

17,035

24

玄関マットの設計

30,230

25

玄関ホール

25,227

26

受付カウンター・案内板の設計

26,935

27

触知案内板の設計

15,301

28

2-4 廊下 基本的な考え

12,072

29

廊下・スロープの設計(屋内)

17,368

30

廊下手すりの設計

20,901

31

廊下の巾木の設計

11,774

32

廊下内部などの柱のコーナー設計

13,101

33

2-5 階段

14,321

34

階段手すりの設計1

18,768

35

階段手すりの設計2

31,730

36

段鼻ノンスリップの設計

9,942

37

2-6居室 基本的な考え方

9,444

38

2-6居室 出入口扉の設計

20,425

39

扉のメーカーと仕様

14,089

40

2−7駐車場

9,561

41

2-8材料メーカーリスト

9,456

42

2-8材料メーカーリスト

9,329

43

3.オートアクセス編

5,139

44

昇降機関係 ハートビル法(通称)規定

7,563

45

3-2福祉型エレベータ等各仕様

11,895

46

福祉型エレベータ等各仕様

10,324

47

福祉型エレベータ等各仕様

9,954

48

ホームエレベーター(3人乗り)

19,136

49

いす式階段昇降機

32,888

50

動く歩道

19,833

51

車椅子用ステップ付エスカレーター

23,253

52

エレベーター(11人乗り)

29,360

53

エレベーターロープ式

26,925

54

段差解消昇降機

20,548

55

3-3福祉型昇降機メーカーリスト

12,607

56

3-4福祉型エレベータ価格表

8,776

57

3-5エスカレーター他価格表

7,795

58

サニタリー編

5,640

59

基本的なブースのディテール

5,696

60

4-1(1)

16,433

61

4-1(2)トイレブース・洗面所のディテール 1.杖使用者対応トイレブース

35,772

62

4-1(2)車イス使用者が利用可能な 便所・洗面所

14,624

63

4-1(2)平面図・立面図

48,024

64

入口方向Aプランの詳細図

33,271

65

4.杖使用者対応小便コーナー

18,059

66

4-1(2)車イス使用者が利用可能な 便所・洗面所

14,013

67

入口方向プラン・詳細図

59,543

68

4-1(3)車イス使用者が利用可能な 便所・洗面所

27,079

69

入口方向Aプランの詳細図

50,920

70

4-1(5)出入口(自動ドア)

26,982

71

G出入口(手動自閉式引戸)

24,396

72

H出入口床  (無段差の納り)ディティール

14,580

73

4-1(4)車イス使用者が利用可能な 便所・洗面所レイアウトの検証

23,035

74

4-2機器類等の目次

5,920

75

4-2 機器類等 (1)大便器まわり (1)、(2)

78,898

76

4-2 機器類等 (1)大便器まわり (3)

27,743

77

4-2 機器類等 (2)小便器まわり (1)、(2)

23,315

78

4-2 機器類等 (2)小便器まわり(3)

28,607

79

4-2 機器類等 (3)洗面器まわり(1)、(2)

29,365

80

4-2 機器類等 (3)洗面器まわり(3)

16,012

81

(4)手すり(1) 2

25,726

82

(4)手すり(1) 1

34,664

83

手すり(2)

14,764

84

手すり(3)

55,878

85

(5)その他の器具                

25,304

86

4-2 機器類等 (5)その他の器具a.b.c

25,714

87

(5)その他の器具(2)、(3)               

6,391

88

4-2 カラン(浴室)

20,022

89

d 鏡、e昇降便座 

63,370

90

f トイレガード

23,104

91

(6)サイン等 a 表示灯、b 国際シンボルマーク

16,214

92

4−3目次

5,282

93

浴室バスユニット

23,674

94

浴室バスユニット

25,727

95

洗面・ベンチチェスト

16,959

96

ミニキッチン

18,894

97

スイッチ、コンセント類

8,892

98

スイッチ、コンセント類

24,982

99

スイッチ、コンセント類

25,674

100

スイッチ、コンセント類

28,146

101

特殊空調

106,213

102

輻射空調システム

33,707

103

ガス遠赤外線暖房

15,626

104

パネルラジエーター

16,328

105

4-4-1福祉型衛生機器メーカーリスト

9,022

106

4-4-2福祉型衛生機器メーカーリスト

10,820

107

資料編

5,179

108

5-1高齢者、障害者の基本的事項

11,824

109

5-1その他の分類方法(a)

8,225

110

5-1その他の分類方法(b) (c)

8,756

111

5-1その他の分類方法(d)

6,449

112

車椅子詳細(a) 1

21,118

113

車椅子詳細(a) 2

24,533

114

車椅子詳細(b) 通行スペース

35,688

115

(c)回転寸法(d)動作寸法

23,518

116

(a)杖の種類と歩行幅(b)2本杖使用者の歩行時の振り幅

32,078

117

ストレッチャー(a)

13,912

118

5−2配慮項目と建物箇所

7,583

119

配慮項目と建物箇所2

9,152

120

配慮項目と建物箇所3

6,439

121

5-3昇降機関連法規

25,279

122

5-3昇降機関連法規2

17,555

123

都市施設(建築物)に対する整備・誘導項目適用表1

55,745

124

都市施設(建築物)に対する整備・誘導項目適用表2

50,582

125

参考文献

5,773

126

作成者リスト

7,204

127

あと

5,442