一般の方をはじめ、建築士・建築士を目指す学生の方々に向けて建築に関する有益な情報を発信しています。

建築士会からのお知らせ

HOME > 建築士会からのお知らせ > (一社)東京建築士会主催「気候風土適応住宅セミナー」のお知らせ 10/2

(一社)東京建築士会主催「気候風土適応住宅セミナー」のお知らせ 10/2

 環境問題への意識が高まる昨今、持続可能な社会に向けて様々な分野での取り組みが始まっています。
 建築においても、今年4月改正建築物省エネ法が施行され、省エネ基準として外皮性能、一次エネルギー消費量の建築主への説明が始まりました。
 一方で、日本各地の住まいには、その地域の人々が気候風土や生活スタイルに沿って創意工夫を凝らし、身近な材料を用いて考え出された結果として「気候風土適応住宅」があります。このような伝統的な住まいは、美しい街並みの形成、地域の職人技術伝承という文化的意義も大きく、環境負荷削減という観点からも、現在我々が抱えている問題解決への糸口になります。
 建築物省エネ法では気候風土適応住宅は国土交通省告示第786号に定められました。今後は各地域の気候・風土・文化等に沿った基準づくりが求められます。
 東京建築士会環境委員会気候風土WGでは3年半に渡り、東京における「気候風土適応住宅」について、省エネや地域活性化の観点で調査し、報告書にまとめました。今回は、この報告書の要点についてわかりやすく、さらに気候風土適応住宅及びそれに準ずる住宅の設計事例を5人の設計者が解説します。

住宅設計・施工をされておられる建築士・関連の方にとって今後の社会の住宅のヒントになる内容です。未来のために、ともに学んでいきましょう!

日 程 : 10月2日(土)
時 間 : 13:00~17:45
参加方法: ZoomによるWebセミナー

建築人最新号2021年8月号

建築人最新号
  • 会長所信
  • 本会の概要
  • 建築相談のご案内
  • 入会案内
  • 会員名簿検索
  • 大阪文化財ナビ
  • 未来にむけた6つの提言 ARCHI-4 KANSAI
  • 建築材料/設備機器メーカーリスト
  • 既存住宅状況調査(インスペクション)
  • 既存住宅かし保証
  • 建築士賠償責任補償制度(けんばい)
  • 建築物耐震評価業務
  • 建築士免許登録案内
  • 建築士定期講習
  • 監理技術者講習
  • CPD(継続能力開発)制度 専攻建築士制度
  • 耐震診断・改修講習会
  • 建築技術講習会
  • 寄附のお願い
  • メールマガジンご登録
  • 国土交通省補助事業成果品
PAGE TOP

copyright c 公益社団法人 大阪府建築士会 All Right Reserved