一般の方をはじめ、建築士・建築士を目指す学生の方々に向けて建築に関する有益な情報を発信しています。

建築士会からのお知らせ

HOME > その他のお知らせ > 万博パビリオンに関する情報提供

万博パビリオンに関する情報提供

■過去の博覧会におけるセルフビルド方式によるパビリオン建設の状況について

いのち輝く未来社会のデザインをテーマとした大阪・関西万博の開催まで3年を切りました。
本年3月には、会場内の「休憩所」「トイレ」等20施設を対象に設計を行う若手建築家20名を募集される等、個性豊かで魅力的な博覧会施設の創出に向けた動きが加速しております。

また、会場整備に必要なインフラ整備やリング状の大屋根を含む施設整備については、万博協会により、工事入札の手続きが開始されています。
更に、万博の大きな魅力である海外パビリオンについても、106ヵ国、7国際機関の参加表明(令和4年5月現在)があり、参加国における検討が本格的に始まることになります。
このような状況を踏まえ、今般、関係機関に対して情報収集を行ったところ、過去の博覧会において、自らパビリオンを建設された参加国(セルフビルド)一覧の情報(添付ファイル参照)を入手できましたので、会員の皆様に提供いたします。
今後の設計・工事監理の業務展開の一助としてご活用ください。

なお、各国大使館などとの協議・調整、具体的な対応(実績確認、見積もり、入札等)、締結される契約及び業務内容等につきましては、本会は関与いたしませんのでご承知おき願います。

「建築士会からのお知らせ」の一覧に戻る

建築人最新号2022年9月号

建築人最新号
  • 会長所信
  • 本会の概要
  • 建築相談のご案内
  • 入会案内
  • 会員名簿検索
  • 大阪文化財ナビ
  • 未来にむけた6つの提言 ARCHI-4 KANSAI
  • 建築材料/設備機器メーカーリスト
  • 既存住宅状況調査(インスペクション)
  • 既存住宅かし保証
  • 建築士賠償責任補償制度(けんばい)
  • 建築物耐震評価業務
  • 建築士免許登録案内
  • 建築士定期講習
  • 監理技術者講習
  • CPD(継続能力開発)制度 専攻建築士制度
  • 耐震診断・改修講習会
  • 建築技術講習会
  • 寄附のお願い
  • メールマガジンご登録
  • 国土交通省補助事業成果品
PAGE TOP

copyright c 公益社団法人 大阪府建築士会 All Right Reserved