一般の方をはじめ、建築士。建築士を目指す学生の方々に向けて建築に関する有益な情報を発信しています。

会員の皆様へ

理事会・委員会報告

HOME > 会員の皆様へ > 理事会・委員会報告

2019年4月度 理事会 議事録
日 時4月17日(水)16時~18時
場 所本会会議室
出 席理事36名、監事1名、名誉会長他4名、役員候補者9名
審議事項
(1)
30年度の収支決算は、当初予算に対して約740万円の黒字となりました。これにより当期の正味財産期末残高は50,706,762円と報告して承認されました。30年度の黒字は、会費収入及び登録閲覧事務、定期講習、CPD制度登録、建築物耐震評価業務の事業収支が堅調に推移し、特に枚方市の罹災証明二次調査業務、泉佐野市の国庫補助事業及び特定空家業務の事務費収入による増収が大きな要因です。また、公益法人の運営条件として、①経常費用の合計額186,229,554円に対して、公益目的事業額165,601,418円が1/2以上を占めること、②当期経常増減額の公1・公2・公3と公益目的事業会計が全てマイナスであること、③収益事業額の526,739円の50%を公益目的事業に振替えたうえでも当期増減額がマイナスであることの3点全てを満足していることを報告しました。なお、本会の公益目的事業比率は88.9%で、公益法人の条件である50%を大きく上回りました。
(2)
既設の名誉会員称号や永年会員表彰に加えて、在籍40年の会員を対象に「栄誉会員表彰」を新設する表彰規定の改定を承認し、令和元年度定時総会から表彰を実施することとしました。
永年に亘り本会発展のために尽力されている会員に感謝し、シニア会員の慰留も含めて新たな表彰制度を制定します。

建築人最新号2019年5月号

建築人最新号
  • 本会の概要
  • 建築相談のご案内
  • 入会案内
  • 会員名簿検索
  • 大阪文化財ナビ
  • 未来にむけた6つの提言 ARCHI-4 KANSAI
  • 建築材料/設備機器メーカーリスト
  • 既存住宅状況調査(インスペクション)
  • 既存住宅かし保証
  • 建築士賠償責任補償制度(けんばい)
  • 建築物耐震評価業務
  • 建築士免許登録案内
  • 建築士定期講習
  • 監理技術者講習
  • CPD(継続能力開発)制度 専攻建築士制度
  • 耐震診断・改修講習会
  • 建築技術講習会
  • 寄附のお願い
  • メールマガジンご登録
PAGE TOP

copyright c 公益社団法人 大阪府建築士会 All Right Reserved