一般の方をはじめ、建築士・建築士を目指す学生の方々に向けて建築に関する有益な情報を発信しています。

建築士の皆様へ

建築人賞

HOME > 建築士の皆様へ > 大阪建築コンクール > 西三国の家

渡辺節賞部門 奨励賞

西三国の家

西三国の家

設計者堤 庸策(arbol)
建築主阪本 勲
施工者株式会社住まい設計工房
建築位置大阪市淀川区
竣工年月2013年6月
建物用途 戸建住宅
構 造木造
階 数1階
敷地面積169.24㎡
建築面積91.70㎡
延床面積91.70㎡
写  真下村康典

【審査講評】
外からの視線とともに内から外への視線に配慮し光と風を取り入れること、それが若い建築家が意を注いだことであった。スギ板の塀にスリットを入れ、その幅を中央から左右にいくほど狭くし、角度により外の景色、光の入り具合を微妙に変化させた。開けた周辺環境の下で囲うことが最適な解だったのか、計画的にも環境工学的にも問題を提起する作品であり、このコンセプトがどのような展開を見せるか、今後が楽しみである。(審査委員 鉾井修一)

【設計者プロフィル】


堤 庸策
1979年生まれ
1998年3月国立阿南工業高等専門学校高等課程修了
2002年3月アートカレッジ神戸インテリアデザイン学科卒業
2003年4月田頭健司建築研究所入所
2006年3月フリーランス活動開始
2009年2月arbol(アルボル)設立
2010年2月arbol(GREEN BLUE株式会社)に法人化
【主な建築作品と受賞歴】
「2012年 阿倍野の家/2013年 西三国の家/2014年 鳳の家」
「2015年 生駒の家/2016年 KIITO公共施設オープン・リノベーション」
「2011年 DSA日本空間デザイン協会 ディスプレイデザイン協会特別賞 地域賞」
「2012年 JCDデザインアワード 金賞(共同設計:mtds 高橋真之)」
「2014年 GOOD DESIGN AWARD」
「2015年 総務省主催「公共施設オープン・リノベーション マッチングコンペティション」採択」
「2016年 American Architecture Prize/AAP 2016(アメリカ建築賞)ARCHITECTURAL DESIGN > Small Architecture 銀賞」
「2016年 American Architecture Prize/AAP 2016(アメリカ建築賞)ARCHITECTURAL DESIGN > Small Architecture 銅賞」

受賞作品紹介

●大阪府知事賞部門

受賞設計者
大阪府知事賞 今井町の家 横関正人・横関万貴子(一級建築士事務所 有限会社NEO GEO)
つつじヶ丘の家 柳川賢次(有限会社柳川賢次建築設計事務所)
特別賞 ダイキン工業 テクノロジー・イノベーションセンター 児玉 謙(株式会社日建設計)

●渡辺節賞部門

受賞設計者
渡辺節賞 該当作品なし -
奨励賞 西三国の家 堤 庸策(arbol)

建築人最新号2020年11月号

建築人最新号
  • 会長所信
  • 本会の概要
  • 建築相談のご案内
  • 入会案内
  • 会員名簿検索
  • 大阪文化財ナビ
  • 未来にむけた6つの提言 ARCHI-4 KANSAI
  • 建築材料/設備機器メーカーリスト
  • 既存住宅状況調査(インスペクション)
  • 既存住宅かし保証
  • 建築士賠償責任補償制度(けんばい)
  • 建築物耐震評価業務
  • 建築士免許登録案内
  • 建築士定期講習
  • 監理技術者講習
  • CPD(継続能力開発)制度 専攻建築士制度
  • 耐震診断・改修講習会
  • 建築技術講習会
  • 寄附のお願い
  • メールマガジンご登録
  • 国土交通省補助事業成果品
PAGE TOP

copyright c 公益社団法人 大阪府建築士会 All Right Reserved